FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語
わが業界にクレーム後の回収基準はあるか

 大手食品加工メーカー「伊藤ハム」東京工場から有害物質のトルエンが検出されたことは一般紙・TVなどで報道され、製品の回収が行われたが、ここで問題になるのが回収基準である。我われ養鶏関係を見たときに、レイヤー・ブロイラー業界で独自の回収基準を作成し、マニュアル化しているところが、どの位あるのか。回収基準以前に採卵業界で「高病原性鳥インフルエンザ発生対応基準」を作成しているところはほとんどないのが実情ではないか。また農場チェックリストを詳細に表にしているところは少ない。当然のこと回収マニュアルなるものは、特定の養鶏場を除いて存在しないのが実情と見られる。マニュアルは己を守る武器となることを肌で感じてもらいたいもの。


過去のしがらみと猿山的発想の中止を

 わが養鶏業界の主導者は民主主義教育を受けているのだろうか。民主主義の根底にあるものは少数派の意見を大切にし、組み入れながら組織を運営すべきというものである。最近の流れを見ていると「この指止まれ」的発想が目に付くことがある。自分の考えに反する相手を排除し、仲間社会を形成する。このように思うのは編集子だけであろうか。先行き不透明感漂う業界にあってなぜ業界は一つにまとまれないのか。業界の主導者の責務は、業界を一本化し、過去のしがらみを捨て未来に進むことである。このままでは次の世代に悪い影響を与え、業界活動に見向きをしなくなる。そういう声も届いていることを付記する。

(2008年12月号)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
12月号目次

<展望>
鳥インフルエンザ対応マニュアルの構築を

<養鶏技術>
・将来のために鶏用飼料はどうあるべきか?4 松下浩一
・移動禁止時におけるブロイラーの増体抑制法(上) 高橋和昭
・高病原性鳥インフルエンザの発生を未然に防ぐために 星野和久

<鶏界の動き>
・高まるアグリビジネスへの関心 アグリビジネス創出フェア
・生産性を維持することは必須条件 畜産草地研究所
・企業間の表示バラツキ是正を 日本トレーサビリティ協会
・住民投票でケージ飼育禁止に 米国カリフォルニア州

<アニマルウェルフェア>
・アニマルウェルフェアへの認識はこれから。策定プロセスを注視していきたい
・アニマルウェルフェアをめぐる行政の動き

<海外技術>
・低温殺菌された卵製品は安全記録が確定する
・世界の経済動向と鶏肉市場の今後(下)

そのほか、養鶏業界の動向等をお伝えしております。