FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語 大きいことは良いことだ…を歌の世界にとどめることは不可能(?)

 九月二十六日の全国鶏卵需給連絡会議で発表された「生産量および生産意向調査」によると、50万羽以上層の増羽意欲が旺盛で、減産と回答した生産者は皆無の状態である。
 一方、増産意向件数は5万羽未満階層1.5%、減産3.9%、現状維持31.0%、未定63.3%、などとなった。規模が大きいほど、贈賄欲は旺盛となり、資本の闘いはますます激しさを増している。
 一方、鶏卵価格は予想以上に強含みに推移してきたが、荷受筋による玉余りの状況となっており、この間の相場構成に危機感を募らせる。
 大規模になればなるほど、増羽意欲は旺盛と見られ、この流れを抑えることは誰にもできないのが実情である。行き着くところまでいく、その結果は誰しもがわかっている。だけれども、止めることができない。大きいことは良いことだ…は歌の世界にとどめることができるならば、産業構造は変わる。


波は静かに、時には音を立てて業界の秩序をどのように守るか

 小規模の生産者は静かに消え去り、大規模生産者はその規模をさらに拡大する。この波は静かに時には音を立てて進む。8月に入り、この流れを裏付けるような出来事が東日本地区で起こった。足元を脅かされた業者は、この流れをなんと読めばよいのか苦慮し、編集子に問い合わせがあった。廃鶏業者、飼料メーカー、大手生産者が三つの矢となり新天地へ押しかけ、二つの矢は音無しの構えで席に着く。そして契約書にサインを求めたものの、相手側は当然のこと拒絶。この先どう展開するのか、これ以上かけないが、今後の動きに中止すべき出来事である。新たな混乱を招かないために…。


2008年11月号


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2008年11月号の目次

<展望>
AIの季節を迎え、自農場にあったマニュアルの作成を

<アニマルウェルフェア>
日本型アニマルウェルフェアのあり方を探る5
全員が納得し遵守できる指針作りを
東西産業貿易株式会社 村田良樹

<養鶏技術>
将来のために鶏用飼料はどうあるべきか?3
日本家禽学会若手技術者研修会 橘哲也

ロス308ブロイラーの最良の冬季管理方法
マイケル・ロングレイ

鶏糞処理・悪臭対策60
「鶏糞処理」ではなく「堆肥生産」を意識付け、処理過程の省力化と
減容、処理期間短縮を実現
有限会社横浜ファーム

<鶏界の動き>
・大規模になるほど増羽傾向強く―全国鶏卵需給連絡会議
・京都から世界一を目指す―ナベル新本社工場竣工式
・オーガニックチキンなど出展―オーガニックEXPO2008
・鶏卵の円滑な流通を目指す―JECI委員会

他養鶏業界に関連する情報を盛りだくさんで紹介しております。