FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
市販の誘導換羽飼料についての報告(上)
全期間の平均産卵率 絶食群78.3%、餌給与群79.5%
千葉県畜産総合研究センター 村野多可子
 
強制換羽(誘導換羽)は400から500日齢の鶏を対象に短期間絶食処理を行い、
産卵を強制的に中止させ、卵胞ホルモンの分泌を止め、換羽を誘導させる方法である。
この方法により産卵後期における産卵率・卵質の改善などが図られるため、養鶏現場
では広く活用されている。
 反面、換羽処理時の脂肪系の増加、換羽による産卵開始後の卵重の上昇、絶食の
ストレスによるサルモネラ感染の増強、家畜・家禽に対する福祉の問題も大きい。
 これらの問題点を解決するため、1970年ころから飼料を給与しながら換羽を誘導する
方法が研究されてきたが経済的に採算が取れないなど野外での実用化には結びつか
なかった。
 しかしここ数年、国内においても飼料を給与しながら換羽を誘導する方法の研究が
進み現在数社から換羽時に給与する飼料が市販化されている。野外では既にこれら
飼料を用いての強制換羽が実施されているが、詳細な報告はわずかである。
 そこで、われわれは市販飼料の給与効果を調査するために白玉産卵出鶏と赤玉卵
産出鶏の2銘柄を用いて試験を実施した。

(つづきは5月号に掲載)