FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語

2008年がどのような年になるのか

原料高に泣く1年とは誰もが言う言葉である。採卵鶏では5%減羽すると年平均卵価200円もあり得るといった情報も流れてくる。採卵業界は組織を上げて減羽に取り組みを開始。大手生産者は農水省からの要請を受け60万羽(年羽数の8%)したと言う。編集部が入手している限りでは大手による減羽は進んでおらず、むしろ増羽計画の情報が飛び込んでくる。他の畜産物の値上げが進んでいる中、減羽と同時に量販店の価格交渉も組織を上げての取り組みが必要である。無謀と言われようが、生き延びるためには声を出して交渉しなければ何のための生産者組織かと問われる。大手生産者から流れてくる声は、減羽を進めることは首を締める結果を招く。




中小生産者は市場の監視を公正取引委員会に持ち込むことも

中小規模生産者の悲鳴が聞こえてくる。なぜ、俺の足元で投売りをするのか・・・。関東・北陸方面は特に投げ売りが多いと言われ、どこどこはいくらで投げているといった情報が入る。そこには農場名も具体的に。投げてまで規模拡大をする必然性はどこにあるのか凡人にはわからないが、あまりにも理にあわなければ公正取引委員会に持ち込むのもひとつの方法である。関東地区の石油販売業者が安売りを公取委によって指導を受けたと言う。その内容は「適正価格で販売を・・・」であった。中小生産者が証券を守るためには、情報収集と商売上の行為を常時監視することである。「景品表示法と公正競争規約」をまずは紐解くべきである。法を守ることも必要だが、自分たちの利に直接結びつく法律を勉強する必要がある。


                                             2008年2月号