FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
密閉縦型発酵装置を利用、尿酸を分解する微生物の動きを停止
三重県の開発技術を実践

有限会社鈴鹿ポートリー

鈴鹿ポートリー
一.農場概要
 有限会社鈴鹿ポートリーは、三重県鈴鹿市の山間にある。鈴鹿市は、東に伊勢湾、西に鈴鹿山脈と恵まれた自然環境の中にあり、自動車産業など数多くの企業を誘致し、伊勢湾岸地域有数の内陸工業都市として発展してきた。また、農業においても、茶や花木をはじめ、水稲などの生産が活発に行われ、農業と工業がともに成長し、現在に至っている。
当社は成鶏三棟六ロット、育成一棟二ロットのウインドウレス鶏舎を持ち、レイヤー六万羽を有する。近隣には多くの採卵鶏農家が点在し、自然に溢れた周辺環境である。

密閉縦型発酵装置

二.ウインドウレス鶏舎(肥料化プロセス1)
 鶏舎は、同じ敷地内に旧型の鶏舎と新型の鶏舎が混在すると、作業効率に大変な差が生じる。また、食品製造工場並みの衛生対策を考えると、早い時期に従来施設の改善を行いたいと考えた。ここから順次ウインドウレス鶏舎に改築していく計画を立て、実行していき、結果として三年間で目標を達成した。ウインドウレス鶏舎内には、鶏糞乾燥のための糞乾燥装置を設置し、堆肥化までの水分をできる限り低くすることにしている。除糞周期は五~七日を目標に、堆肥化施設までの鶏糞移動トラックには全自動で排出できる。

三.密閉縦型発酵装置(肥料化プロセス2)
 密閉縦型発酵装置(中部エコテック社製)は発酵槽全体容積一八立方メートル規模二機を有し、五日ないし七日間隔で交互運転している。鶏糞の品温は、初期から七〇度、四日目から徐々に品温が冷める。一切の発酵菌や悪臭防止菌などは使用していないが、視察者からは「臭いがあまりしない」と言われる。三重県科学技術振興センターの研究では、鶏糞中にある尿酸が分解されアンモニアになり悪臭の原因になるが、密閉縦型発酵装置では堆肥の品温が七〇度になるため、分解する微生物の動きが止まるという。

タブレット肥料
↑タブレット肥料
ペレット肥料
↑ペレット肥料
(続きは1月号に掲載)