FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
地域に根ざした固有ブランド作り必要
東富士農産株式会社 石田史氏
石田史氏
 「P.Bio.Fuji」グループは静岡県御殿場市の東富士演習場の跡地で民生安定事業として出発し、鶏卵部門と並んで鶏肉を扱う食肉部門、商品名「コフナ」で知られる微生物資材の販売などを手掛ける。今回はその一角を担う東富士農産株式会社で代表取締役を務めている石田史社長に話を伺った。
 石田社長は実父である石田九市氏の後を継ぐため入社、九市氏が病で倒れたことを機に本格的に経営に携わるようになった。ゆったりと温厚な語り口で石田社長はこれまでの経緯を話してくれた。
――入社される前は大学に
石田―ええ。農業者大学校を卒業しています。農業者大学校はいわゆる地方の農業者の跡継ぎを養成するような学校で、私の周囲には自分と似たような境遇の仲間がたくさんいました。その後、豊橋の新城試験場でウインドレス鶏舎の勉強を半年ほどしました。ウインドレスは当時新しいタイプの鶏舎で、分からないことも多かったので、勉強する必要があったからです。豊橋では大学校に入る前にもお世話になっています。
――では後を継ぐことを前提に大学も選ばれて
石田―ほかの道を考えることはあまりありませんでしたね。とくに強い思いでやりたいと思うこともなかったですし。本音を言えばこの地域はもともと農家が多い土地柄で、自然な成り行きといえばそれまでのようなところがあります。
 正直入るまではどんな業界かもわからなかった状態でしたが、小さい頃には庭先養鶏をやっているのは近所では当たり前の光景で、自分の家でも鶏を飼っていました。その頃そこで取れた売り物にならない卵を食べたりしてましたからそういう意味ではこの仕事についてまったく無縁だということもないんです。
 ただ、仕事としての養鶏を知るようになったのはこの会社に入ることになってからのことです。
――入社された頃のことをお聞かせ下さい。
石田―入社した当初というのは、会社の状況もあまりいいとはいえない状況だったんです。鶏舎はお世辞にも新しいとはいえるものではなかったですし。従業員にしても、私より年下の人などいませんでした。実際、入社してから一〇年位は一番私が若い状態が続いたのではないでしょうか。
(続きは1月号に掲載)