FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
プレスターター飼料の意義などを紹介
暑熱環境対策と飼料の関係


アメリカ大豆協会・住友化学株式会社共催
 アメリカ大豆協会(ASA)、住友化学株式会社共催による「飼料セミナー2007」東京セミナー(同セミナーは名古屋、札幌、八戸の四会場で実施済み)が十月二十二日、東京都港区の虎ノ門パストラルにおいて開催された。会場には生産者や飼料メーカーなどの関係者が多数参加した。
 開催の冒頭、アメリカ大使館のアレア農務官は「アメリカと日本との関係は農産物において必要不可欠な関係」になっているとしたうえで、「日本の輸入大豆の八〇%はアメリカからの輸入であり、大豆粕についてはアメリカ産が三二%を占める。日本の輸入大豆は四〇〇万㌧であり、その大部分は飼料用である。今後も米国大豆協会は日本の大豆ユーザー、ひいてはアメリカのマーケットの成長に貢献したいと考えている。今回のセミナーを通じて、アメリカと日本との関係をますます深いものにしていきたい」と挨拶した。
 セミナーの講演タイトルは以下の通り。

1.大豆粕の品質に関する最新情報および蛋白源としての使用における検討事項
Dr.Swick(アメリカ大豆協会)


2.低蛋白質飼料におけるアミノ酸の意義と暑熱環境問題
住友化学株式会社アニマルニュートリション事業部開発部長松田敦郎


3.スターター・プレスターター飼料の重要性――細胞分化制御による生産性の改善
東京農工大学共生科学技術研究院特任准教授佐藤幹


 この後、参加者からの質問をもとにしたパネルディスカッションが行われ、参加者は理解を深めた。
 閉会するにあたり、住友化学株式会社の福林 憲二郎常務執行役員が挨拶し、「弊社は高品質の飼料添加物メチオニンをお客様へ供給するとともに技術普及を行ってきた。最近過去二年間においてもアメリカ大豆協会との共催でインドおよびベトナムにおいてセミナーを開催してきた。
今後も皆様方の仕事に役立つ技術情報をアメリカ大豆協会、住友化学ともに提供させて頂きたいと思っている」と締めくくった。
(報告概要は12月号に掲載)