FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
ワールドポートリー2007年2号より
By Aaron Priel Rehovot, Israel


 事業者とメディアの注目を集めたフェザーレスブロイラー、最初の発表から四年経ち、高温環境下での使用を想定した商業化への試みが進んでいる。
 約四年前、イスラエルの遺伝学者がフェザーレスブロイラーについての調査報告書を発表した。このニュースは世界中のメディアから注目されたが、世界の養鶏産業にインパクトを残す結果とはならなかった。
イスラエルの科学者であるAvigdor Cahaner博士は温暖湿潤な気候の国でとくに鶏種の成績が期待される旨を記載している。
そして現在遺伝学の進歩とその後継続的に行われた実験によって、Cahaner博士はすべてにおいて成績は改善されたと話している。博士は温暖湿潤な気候におけるフェザーレスブロイラーの経済的なアドバンテージを明らかに確信している。
 多くのブロイラー生産農場は、温暖湿潤のアジアやアメリカ、アフリカに拠点を置いている。
しかしながら、今日の標準的な商業用ブロイラーは遺伝学的な長所を最大限発揮させるために、低い環境温度を要求している。Cahaner博士は、高温の状況下では、標準的なブロイラーの羽が、鶏の体内に蓄積された余分な熱を効果的に放散させることを妨げているのである。
その結果、実際のブロイラーの成長率は低下し、歩留まり、肉質もまた低下してしまっている。
 また、市場に流通する前に多くが斃死してしまうのである。
最近では、こうしたネガティブな結果を解決するために、高価で、電力エネルギー消費に依存した冷却装置や、換気設備を備えているが、それはコストを上昇させ、ブロイラー生産において競争力を減少させる要因となってしまっている。
(続きは12月号に掲載)