FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
国際協力なしには対応しきれない

FAO東アフリカ地域越境性動物疾病管理緊急センター地域管理官
ウィリアム・アマンフ


東南アジアから二〇〇三年に鳥インフルエンザの流行が始まり、中東、ヨーロッパと広がって二〇〇六年にはついにアフリカにも及んでしまった。
そこで、アフリカにおける鳥インフルエンザに関する情報を提供したいと思う。また、アフリカにおける鳥インフルエンザのコントロールについて紹介したい。アフリカではユニークな疫学的状況もあるので紹介したい。
アフリカのいくつかの国について、それへのFAOの対応について、私が所属しているファクターの活動について、鳥インフルエンザのコントロールについての国際的な情報の提供が今回の内容の主なところだ。

大陸を貫くハイウェイを中心に感染が拡大
まず、ナイル川を想像してみて欲しい。河口付近を中心にエジプトがあり、H5N1が検出された。ナイル川から、人口密度の高い地域、家禽産業密度の高いところに蔓延するようになった。
 次に発生したのはナイジェリアだった。二〇〇六年の二月八日だった。また、
今年の六月から九月にガーナ。さらには、ブルキナファソ、カメルーンその他の国が感染した。
 現在のアフリカ大陸におけるウイルス感染状況を時間軸で見ていくと、大陸間を渡るハイウェイが重要なポイントになっていることが分かった。鳥インフルエンザだけでなく、さまざまな感染症がこれによって広がっていくことが確認されている。
ハイウェイには、多くの人も多くの家畜も移動するからだ。
こうしたことが分かったため、ナイジェリアで最初に感染したときには、このハイウェイを中心に対策を採ったために感染の拡大を防ぐことに成功した経緯がある。
二〇〇六年四月、アフリカ各国から鳥インフルエンザに関する報告があってから、二〇〇七年に入ってまた報告があったが、状況は大きく改善したということはないようだ。
(続きは12月号に掲載)