FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
平成18年度食品流通改善巡回点検指導事業が全国の鶏飼養農家1.037戸に対して行った検査結果が6月14日、明らかになった。
これは、平成18年7月~平成19年3月にかけて、ブロイラーについて概ね年間5万羽以上出荷している農家、採卵鶏については常時概ね千羽以上飼養している農家に対して行われたものである。
 調査方法は農林水産省(沖縄県は内閣府沖縄総合事務局)の担当職員が調査対象農家を訪問して記入簿を渡し、記入後に回収・集計を行ったもので、記入漏れ、書類の不備があった場合は聴き取り等で補足をしたものである。
 調査の内容は
(1)抗菌性飼料添加物を含む飼料に関する規制の遵守状況
(2)動物性飼料の購入状況
(3)記帳の取り組み状況
(4)表示票の受け取り状況
(5)反芻動物用飼料への動物由来たん白質の混入防止に関するガイドラインの周知状況の確認の五点である。
(1)の抗菌性飼料添加物を含む飼料の使用については全ての鶏飼農家において発育ステージに合った飼料の使用が厳守されていたが、一件だけ鶏飼養農家自身が魚粉を作成し使用していた事例があった。(続きは8月号に掲載)