FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語

雇用先が無くなることは
村社会が消えること

 採卵業界の再編成が静かに進む。その流れは、大規模生産者を中心とし、合併予備軍は数か所あるといわれる。この背景にあるものは、人的問題と4 年間にわたる好相場によることが大きいと見る向きが強い。合併する背景には、経営者の経営環境を見る目と経営者の心理的要因が大きいと。先日、関東地区では古くから養鶏経営を営み廃業に踏み切った経営者と会い胸の内を聞いたところ次の返答があった。後継者を関西の有名私大に入れ、卒業後に家を継ぐことを期待していたが、一言「継ぐ意志は無くなった」。この一言により経営者は腹をくくったと。腹をくくるまでには編集子に言えぬことが数多くあったことだと思う。家族会議を何回となく行い、最終結論が廃業で他社との合併ではなかったという。中小規模生産者の生き残る環境は年々厳しさを増し、特色ある経営体以外に将来的には生き残れない。ローカルスーパーはいたる所で廃業ないしは大規模生産者に"島" を取られ、最終的には玉の行き場が無く、営みを止めざるを得なくなる現実がある。資本の論理からいえば当然のことであるが、村社会にとっては、雇用先が一つ無くなり、村の光が消えて行く。

「鶏の研究 2020年4月号」 目次