FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語

有機畜産物の指定農林物資化
遅すぎた春

 畜糞の認定について有機JAS認証機関が検討に入り出したという。関係者によると海外の状況について情報収集に入り、具体的な動きを取り出したとも。有機畜糞の認定商品がEUでは市場に出回っており、編集子がイタリアを訪問した時に、有機農産物の圃場に認定された畜糞を散布するのは当然のことで、日本ではどうなっているのかと質問された時、閉口した。わが国では、畜糞の認証の言葉すらなく、このまま推移すると、有機農産物は市場から消える危険性すらあると感じたのは編集子の浅学のためだったのかと。一方、有機種子も同様で、畜糞よりも早くから認証された種子が市場に出回っており、わが国では、今まで検討すらされず、関係者によると、やっと検討することを考え出した段階だという。有機畜産物が今年7月から指定農林物資になるだけに、有機畜糞の市場出回りは数年いや数十年先になるのかもしれない。有機種子の認証は、種の保存の観点からも早急に検討すべき時期に来ている。

「鶏の研究 2020年3月号」 目次