FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語

外国人労働者の受け入れ拡充による業界への動き

 2019 年は〝余剰〟で始まるとは業界の言葉である。泣き相場で越年し、このまま推移すると採卵鶏農家戸数は2,000 戸を割るとも。人口も大幅に割るという統計数値がある反面、その減少部分を出入国管理法改正により外国人労働者の受け入れ拡大に向け在留資格を創設する。その法律は人材確保が困難な産業を対象に外国人労働者を受け入れるというもの。配偶者や子供の滞在も可能といわれる。関係筋によると早くも、外国人労働者をターゲットにした職種もあらわれており、卵、ブロイラー消費に多大な期待が持てるといった声もでている。東南アジアへ進出している生産者のなかには現地の食生活を専門家を派遣し、調査を開始しだしたところも出て来た。
鶏糞の処理と廃鶏処理が今後の業界を左右すると各機関から声があがっている。鶏糞の処理については東南アジア、その内ベトナムへの輸出が中心となっている。一方、廃鶏についても増羽分の鶏の処理がこれからの大きな課題といわれる。一説によると来年1月末まで処理予約が入っており、スポットものを取るところはほとんど無いとも。ともに川下りの部分だけになんとかなるようでならないのが実態だと。ここにも労働者問題が横たわる。