FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鶏声人語

業界は倒産風、そして危機管理を強化
 2014年の声を聞き倒産風が吹きだした。また、飼料メーカーの直営農場を他の農場へ売却する動きも急に表面化。昨年は相場が後半を迎え急伸しだしただけに、飼料メーカーにとっては突っ込んだ分を回収し今年に入り切り捨ての論理が働いた。この動きは予想されたことで、これからも当然発生する。資本論理とはこういうものなのかもしれないが、流れを読み切れなかった生産者の叫びが聞こえる。

飼料メーカーの損切りの意味するところ
 “飼料メーカーは金があるのだな”とは、数字を出している生産者の声である。昨年から損切りをして数十億円を計上できる飼料メーカーの姿に、生産者のみならず関連企業にはそのように写る。儲かることはいいことだが、ほどほどにの考え方も必要なのかもしれない。日本は資本主義社会ではなく修正資本主義であることを忘れずに。

AI発生国への人間の往来は慎重に
 鳥インフルエンザが猛威を振るっている。中国、香港、韓国。わが国も対応に追われている。渡り鳥はまだ中国、韓国に留まり人間へと感染。韓国では移動措置も講じられる等、手の打ちようがないのが実情のようだ。渡り鳥がロシアへ帰る季節になるとその動きに注目度が高まる。中国、韓国への人の往来にはとくに重要となるが、空港では水際の対策が講じられるのだろうが、この地域へ無駄な往来は避けるべきである。渡り鳥の飛行ルートの下にある地域にとっては地獄である。今年は異常気象といわれるだけに。風の流れ、気圧の変化はこれまた注意すべき事項である。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。