FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語

● 鶏卵業界が混沌としている
 鶏卵業界が混沌としている。入ってくる情報は本誌が指摘してきたことが大半である。一党にくみする恐ろしさ、業界が生産者中心にまわっているという錯覚。業界の混乱にあって新たな組織も立ち上がり次の活動に入る準備体制に入ったと耳に入る。業界内では表面化せずに底辺でフツフツと燃えている線香の火があちらにもこちらにも飛び火しだそうとしている。中国の祝いの席で行うバクチクとまではいかないが、日本的で地味な線香がたいまつの炎になる寸前のところまできているともいう。業界の主導者と称する人たちが代議士先生のところを回り何かをつくろうと必死に動いているといった情報も入ってくる。また、マスコミも養鶏界の何かをつかもうとかぎ回っているようだ。嫌な時代を迎えたといっても過言ではない。

● 特別飼養畜産物の基準完成の意味するもの
 有機畜産物の動きが徐々に出てきたとは有機JAS認定機関の話しである。ゼロからスタートし、市場にやっと出だしたオーガニック卵、ブロイラーさらには有機飼料の認定を受けた有機配合飼料等環境が整ってきた。また、有機畜産の基準よりも若干軽い畜産の特別栽培農産物ともいうべき「特別飼養畜産物」の基準も完成したという。この基準作成には大手流通業者もかかわり議論を重ね完成をみたものだと。新たな動きに期待したい。



目次

・展望 高圧的態度は戦前教育の負の遺産
・ブロイラー用配合飼料とその給与パターンに関する考察(21)
・非定型的鶏病詳論(31) クロストリディウム・ボツリヌス
・養鶏技術、伝えてこそ技術なり(6)
・昭和の養鶏昔ばなし(21)

<鶏界の動き>
・家禽の飼養衛生管理の状況を発表 ~農林水産省
・春の業務用新商品試食説明会を開催 ~キユーピー(株)

・有機ミネラルの給与により卵殻質が向上 
・硝酸性窒素の農畜水産物への経済的影響と改善法
・誘導換羽方法の違いがSEの排菌等に及ぼす影響(後編)
・最近のIBV流行株の性状
・平成23年度畜産統計を発表 ~農林水産省
・トウモロコシサイレージをカビ毒フモニシンから守る
・焼き肉ビジネスフェア2013

・随想 花見酒の経済
 ~熊さんと辰つぁんは経済を行ったのか~