FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語
天然記念物“鶴”のAI発生は、業界、観光、農業界に影響大
 鳥インフルエンザウイルス(強毒株)が各地の野鳥(渡り鳥)から検出され観光地は悲壮感が漂う。連日一般マスコミは観光地の被害状況を報告するが、一番恐れているのはわが業界。天然記念物の鶴からもウイルスが検出され、斃死鶴からもウイルスが検出され、農水省、環境庁も対応に苦慮しているのが実情である。一方では環境整備を行い、密度を少なくするための対策をも検討しだした。田んぼ、畑を昔の姿に戻し環境に優しい農業に取り組み、コウノトリ、トキを人工繁殖させ、放鳥した親鳥から子が誕生(トキは未)し、大空を舞う姿から自然の大切さを世に問うコウノトリ、トキ。この鳥を利用した新しい「ブランド」が農業界に定着しただけに、今回の天然記念物鶴からのウイルス検出は表現できぬほど危機感を漂わす。仮にコウノトリ、トキに伝播するとその影響はわが業界のみならず、地域社会崩壊の危機を迎えると言っても過言ではない。

鶏卵公正取引協議会は早い情報開示を
 鶏卵公正取引協議会は認定をした特殊卵の件数が200件になったという。申請件数は300件を数えたといわれる。同協議会の設立理念は消費者に優良誤認を与えないようにするものであるだけに特殊卵の申請件数が増えることは意義あること。公正マークのもつ意味を業界全体が正しく理解し運営することによって初めて特殊卵の評価が上がる。また認定事業者名の公表もインターネットで行うべきである。情報開示こそ信頼に繋がる。

・展望
ブロイラー用配合飼料とその給与パターンに関する考察②
・Eggcitingな卵の研究(卵の栄養・調理・健康機能)
・ブロイラー種鶏の光線管理③
・非定型的鶏病詳論⑦
・鶏の遺伝子組換え技術のこれまでとこれから⑤

<鶏界の動き>
・衛生対策の情報を共有する
 ~(社)中央畜産会
・飼料添加物の有効性を正しく伝え、広めることが重要
 ~(財)畜産生物科学安全研究所
・中国の需要が増加傾向で推移
 ~アメリカ穀物協会

・2011年上期飼料価格 4~6月1,000円弱の値上がりは必至
  ~編集部
・供給価格3,200円値上げへ
  ~JA全農
・アミノ酸添加物のコスト削減に成功
  ~大島正弘
・飼料米シリーズ① 地域循環型農業により自給率アップを狙う
  ~㈲岩手ファーム
・国内初! ヘルマン社製10段ケージシステム導入
  ~㈱ホソヤ
・予算総額2兆2,713億円、前年比7.4%減
  ~農林水産省
・平成23年上期 畜産関連業界・学会・研究会・大会開催一覧表
  ~㈲瀬戸広告社

<海外技術選集>
・メキシコに広がる「エッグス・オブ・トゥディ
 (毎日の鶏卵消費を訴えるキャンペーン)」
・ヨーロッパ鶏卵産業の将来(下)