FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語

〝美しき調和〟と 〝欲〟との斗いか 
平成から令和へ


 平成から令和に変わり新元号を迎えた。一方、業界は同じパターンを繰り返す。年内の大手を中心とする生産者の増羽は止まらず、その裏では10~30万羽クラスの生産者が業界から身を引く動きが、業界関係者の間から伝わってくる。一方、アニマルウェルフェア(以下AW)の動きは表面的には鈍いように映るが、着々と業界に侵透する。昨年後半ぐらいから、小規模生産者を抱き込むような形で静かに入り込む。外国系動物福祉団体は過激な行動を取らず、先を見据えた活動を幅広い形で展開する。その反面、AWの否定論者の動きは遅い。戦略の差なのか不明であるが。一方では、大手生産者の中にはAW委員会を社内に設け独自の行動を取る。平成から令和へ、激動の時代を迎えるのか、それとも品格ある平和な時代を迎えることができるのか、その鍵は大手生産者の〝欲〟との斗いである。美しき調和とはほど遠い現実。