FC2ブログ
創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語

科学的論議が求められるAW 問題

 アニマルウェルフェア(以下AW)の海外機関による国内への浸透が静かに進行している。その団体に協力する業界関係者もいるといわれ、隠れ…ならぬ隠れAW同調者が増えているとも。AWは大動物の世界にも新たな動きが出ており、畜産専門大学の研究者によって認定機関が立ち上がり、大家畜の認定を取得した生産者もいる。大家畜の後は中小家畜への認定へ進むと当事者から直接話を聞いた。業界はアンケート調査、行政への働きかけを活発化している。各種動きは加速化すると見られるが、加速化するAW問題に対し科学的な論議が求められている。科学的論議は民主主義の根幹をなす。

活発化する畜産展示会、産業のバロメーターに

 中小家畜の祭典・VIV Asiaがタイ バンコクで開催される。動員数、出展社数共に過去最高を数えるとも。日本国内においては昨年IPPSが名古屋で開催された。展示会の規模はその産業のバロメーターといわれるだけに、活発化する動きに注目が集まる。