創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
鶏声人語

AW啓蒙組織と認定機関が誕生
認定とは消費者への信頼を勝ち取ること


 アニマルウェルフェアを認定する組織と啓蒙する組織の2機関が産声を上げた。啓蒙団体は生産者、流通業者を中心に構成され、認定機関は第1段階は牛の認定を行い、他の畜種までには及んでいない。一方、有機JAS認定機関の中にも、認定業務に手を挙げようとする組織がある。その組織は有機JAS法に基づく認定機関で、農林水産省の事務所監査を1年に1回2日間にわたり行われ、認定業務についての理解並びに第3者制を十分に満たされているという。認定業務は消費者の信頼を勝ち得るかである。信頼を得るために各種システムが導入され、周辺法並びに国際法ともいうべきコーデックス基準さらには認定機関の公平さを担保するため、ISO基準も導入されている。これらの点は意外と外には出てこない。最近ではアニマルウェルフェアの他に非遺伝子組換え食品の認定も注目され、アメリカでは大手量販店に認定を受けた商品が並んでいると。