創刊1924年(大正13年)、通巻1000号を超えた鶏の専門誌!
金澤プリン
 イセ食品株式会社は、森の卵を使用した「金澤プリン」のインターネット販売を9月から開始した。本商品の原料は、生乳、生クリーム、森の卵、砂糖のみで、保存料は一切無添加である。割卵から蒸し上げまで手作りで仕上げている。
 種類はプレーンと抹茶がある。一個75グラム、標準小売価格はプレーン258円、抹茶278円(税込み)。
(問い合わせ)
同社マーケティング室
電話03-5824-0086
日本エコロジア株式会社

 日本エコロジア株式会社はポジティブリスト制度に完全対応したバイロハスアグリ「畜産用W」、「露地用」を発売した。
 この散布用薬剤は、ニームオイルを中心とした天然植物油と食品添加物のみで作られ、ワクモ、トリサシダニ、ウジに対して効果があるという。衛生微生物研究センターの試験によると、腸炎サルモネラ菌・ネズミチフス菌にも効果あり、飼育衛生環境を保つことも出来るとされた。
 従来の殺虫剤・殺菌剤と違い、人体・家畜に対する安全性が高く、散布時の鶏に対するストレスも軽くなっている。そして、複数の成分で構成されているために害虫が耐性を付けにくくなっているという。
 使用方法は、500倍希釈したバイロハスアグリ「畜産用W」を動力噴霧器により1平方mあたり500ml散布する。ワクモやトリサシダニ発生時には、3~5日ごとに最低3回以上繰り返し散布すると最も効果が発揮できるという。ワクモや、トリサシダニのコロニーに散布するだけでなく、鶏に寄生している場合でも直接散布が可能だという。
バイロハスアグリ「露地用」は、飼育場所全体に1平方mあたり100倍から200倍に希釈した薬剤を50ml散布することで、抗菌・消臭作用を期待できるという。フンに対して散布することによってウジの発生を抑える事ができ、殺菌作用により消臭作用も期待できるという。
バイロハスアグリ畜産用W(1L)、バイロハスアグリ露地用(1L)…希望小売価格:10080円
(問い合わせ先)
日本エコロジア株式会社
TEL03-5571-8890
日清丸紅飼料株式会社
健骨生活
 日清丸紅飼料株式会社(山西啓士代表取締役)は鶏卵の新しい包装技術「卵のパックを炭酸ガスで充填包装し、鮮度を長持ちさせる包装形態」を開発、発表した。
この技術は、卵の濃厚卵白中の炭酸ガスが漏出し、濃厚卵白が水溶化することで起こる鮮度低下を、専用の脱酸素剤を同封することで防ぐという。
同社はこの技術を「殻付卵の鮮度防止方法」として特許を取得しており、「この技術により常に品質の高い、産みたてに近い卵を味わえるようになった」としている。
商品名は、
「きみに愛」赤玉10個入りパック315円(同六個入り255円)。
「健骨生活」白玉10個入りパック295円(同六個入り235円)。
 この件に関する問い合わせは次のとおり。
日清丸紅飼料㈱企画推進部(担当:畠山)
TEL03-5201-3298
クラレプラスチック㈱
クラレプラスチックス株式会社(岸勝彦社長)は遮熱効果に優れるターポリンシートを開発・発売したと発表した。このシートはポリエステル織物などの基布を、近赤外線を反射するフィルムでラミネートしたシートで、太陽光の近赤外線を反射することによって内部に侵入する熱をカットする事によって、一般的なターポリンシートに比べて約五℃の温度上昇低減効果があるという。
 この商品は、ホワイト不透明タイプ・半透明タイプの二種類が用意されており。両タイプとも網目状の基布を採用し従来のターポリンシートと同程度の強度を持っており、半透明タイプはホワイト不透明タイプより透視性採光性に優れ、テントなどの内部環境を明るく保つことが可能となっている。
標準価格
「ホワイト不透明タイプ」巾94cm×50m、厚み0.58mm、目付600g/㎡
「半透明タイプ」巾185cm×50m、厚み0.15mm、目付240g/㎡

参考小売価格はホワイト不透明タイプが2.000~2.500円/m、半透明タイプが1.000~1.200円/mとなっている。
この件に関する問い合わせは、
03(6701)2294(ラミネート事業部)まで
富士平工業株式会社
卵殻強度計Ⅱ

富士平工業株式会社(坪井正規社長)は卵殻強度計Ⅱを発売する。スタートボタンを押すだけの簡単な操作で正確に卵殻強度を自動計測できることが大きな特長となっている。計測部は株式会社イマダ製を使用し、計測結果はデジタル表示で本体に1,000件の保存が可能。このデータはUSBケーブルを介してパソコンへ転送しエクセルなどで利用できる。
本体サイズは幅200mm×奥行き196mm×高さ328mmで重さ約15kg。
本体価格は49万8,750円。ソフトウェア、USBケーブル付属。
問い合わせは、同社電話03―3812―2271
株式会社日本バイオテック
 株式会社日本バイオテック(坂井田実代表取締役社長)は、同社の主力商品であるバイオテックス飼料用について、同社顧客からの要望の多かった分包タイプを発売した。
同製品は分包されているため、飼料に一定量づつ正確に添加できるため、ブランド卵等を生産する養鶏場に最適な仕様となっている。
 製品の形態は、1kg入り(3kg×7袋)で、ダンボール箱包装。販売価格は6,500円(消費税別途、運賃は地域による)、推奨添加率は飼料一羽辺り3kgとなっている。
なお、従来のバイオテック飼料用(20kg、紙袋入り)も継続して販売される。
カルピス株式会社
カルピス株式会社(東京都渋谷区 石渡總平社長)は、養鶏現場のニーズに応え、使いやすい小容量タイプの乳酸菌混合飼料「ファインラクト」(成鶏用)〝2500羽用〟を5月1日から全国発売した。従来品同様、採卵鶏、ブロイラー、種鶏に使用できる。
 同社によると、2003年に発売された「ファインラクト」はカルピス社の得意とする腸内フローラ研究から生まれた乳酸菌(ラクトバチルス種)で、健康な鶏からスクリーニングした〝ロイテリ菌〟を含む二種類の乳酸菌が、一度与えるだけで効果を発揮するよう、高濃度で配合されており、腸内での定着性に優れ、有用菌を増やす働きがあるという。
 今回の発売について同社は、発売以降、高い支持を得ていたこの商品については、少量で使いきれるタイプの製品開発を強く求められていたことから、今回の使いきりタイプ「ファインラクト」(成鶏用)〝2500羽用〟を新たにリリースした。薬・ワクチン投与、鶏舎の移動、暑さなどのさまざまな環境変化に対して、鶏の健康をサポートするとしている。
商品概要は次のとおり
・商品名…「ファインラクト」成鶏用)〝2500羽用〟
・飼料の名称…混合飼料
・容量・荷姿…アルミパウチ一3g×20袋
・給与方法…ワクチンと同様に、2~3時間で飲みきる量の飲水にて給与
この件に関するお問い合わせは:03(5721)3713(お客様相談室)まで